スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田圭佑と言葉(URL付け加えました)

本田圭佑、北京オリンピックの時からそれなりに有名でしょうか。

昨シーズン、オランダ2部VVVで大活躍し、1部昇格の立役者に。
今シーズンもオランダ1部で開幕から立て続けにゴールを決め、
今季途中からCSKAモスクワへ移籍。
チャンピオンズリーグでチームをベスト8に導くゴールを決める活躍。
日本代表としても恐らく今年のワールドカップに出てくる選手。


そんな本田圭佑から学ぶべきこと…言語。

まずはこちらを。
長いのでせめて最初の1・2分でも。
通訳の人のいじられ具合が面白いです。


なんかうまく貼れないので、URLも貼っときます。
http://www.youtube.com/watch?v=RXIoFVh7i68

さあ、これを見て何を思いますか?

単語や文法はめちゃくちゃ、発音もめっちゃ日本人っぽい。

でも、、、、コミュニケーションがここまで取れる。

私はこんな日本人を見たことがありません。



これを機に、ちょっと日本の学校の英語教育に考えてみました。

日本の学校における英語教育の特徴は2つ。
ちょっと極端かもしれないけど。


・減点法
・ゴールは入試


1つ目の減点法は、
「はい、サンタンゲンのs抜けたから-5点。
はい、LとR間違えたから-5点。
はい、綴り間違えたから-5点。
はい、studentoって書いたから-5点。
はい、動詞のとこを名詞にしてるから-5点。
はい、Iが小文字になってたから-5点。
はい、New yorkって書かれてるから-5点。
はい、コンマやピリオドが抜けてるから全部で-4点。
はい、残念、61点。
通知表は“3”。」
こんなかんじですな。

日本の教育としては当たり前の採点方法。
加点法にしたら、なかなか成績で区別しにくいから。




もう一つは、学校教育の取りあえずの行先は入試であること。

中学生は高校入試の、
高校生は大学入試の英語試験を目指して
英語教育を受けることになる。

大半の入試で圧倒的に重要な分野は「読む」、次に「書く」。
ちょっと差が開いて「聴く」、ほとんど重要で無い「話す」。

恐らく大学入試の先には、研究で世界の最新英語論文が
読める基礎があるかを問いたいからこういう問題になるんだと思います。



さて、私は決して日本の英語教育を批判したいわけではありません。
目的に適った効率的な方法だと思います。




問題は、学校以外。

ふつう日本人が外国語を学んで話そうとするとき、なかなかうまく話せません。


目的は、良い成績を取るわけでも、「読む」「書く」が中心の
試験を受けるわけでもなく、「話す」ということなのに、
学校英語教育の“呪縛”が頭からなかなか離れてくれません。


減点が怖くて完璧に覚えたものじゃなくちゃ言えない。
「あれでいいのかなー、あれって複数扱い?
あーそんなこと考えるうちに会話から逃げられちゃった」
こんな感じでミスが怖くて会話ができなくなります。


また、「話す」が目的なのに、いつのまにか
籠って読み物や書き取りの勉強をし始めちゃいます。
これは中高時代の勉強の仕方の癖と、
「読む」、「書く」に大きく差をつけられている
「話す」ことへ自信喪失から来てるものと思われます。


そうやって、ますます会話が苦手になっていきます。


そこで、本田圭佑です。

彼の唯一で最大の英語の目的はコミュニケーションを取ること。



文法や単語を間違えたって、「伝える」ということが一番。
家庭教師雇ってどんどん話したり、チームメートと臆せず積極的に話したり。


学校英語教育の呪縛を微塵も感じさせません。
「伝える」という一心でここまで学んできていると思われます。


その結果、今ではインタビューであれだけ立派に意思疎通取れています。

これは、ものすごいことだと思います。





もちろん単語や文法も大切ですよ。
正確に発音しようとすることも大切。
より正確にコミュニケーションを取るためにはより正確に使いこなす必要があります。


でも、それを気にするがあまり話せなくなってしまったら本末転倒です。


彼に「伝えよう」という気持ちがあれば、必ず単語や文法も後々ついてくるでしょう。


彼のサッカーでのフィジカルやテクニック・リーダーシップ、
そしてコミュニケーション能力、今後に注目したいと思います。
スポンサーサイト

サインを探せ

日常生活において、日本では一般的に
直接的にはっきりと何かを伝えません。
サインや言葉にその言葉以外の
意味を込めて相手に伝えます。

京都の方でと聞いたことがありますが
お宅訪問した際、相手方からお茶づけが
出てきたら"そろそろ帰れ"のサイン。

昔の話だと思うけど、
付き合っているカップル、男の方が
"貴方の味噌汁を飲みたい"といったら
"あなたと結婚したい"の意味。

前にも書いたことがあるけど、
"見直す"は時を超えて"やり直す"という
意味にまでなってしまっている(と思う)。
http://sunaoenperu.blog33.fc2.com/blog-entry-77.html


この文化、外国人にとって
真意を読み取るうえで
非常にやっかいなようです。





さて、このペルーにおいて、1外国人である
私が苦労していることがあります。


それは、日本と同じ"サイン"の読み取り。



初めのころは全然気付かなかったけど、
私の周りに入るペルー人、私の提案に対して
"NO"と言ったことがほとんどないことに気付きました。

"いいよ、いいよ"
"それに興味津々"
"もちろんだよ"
"来週には是非"

言葉だけ見てみると、大賛成しているように思われます。


でも、実際はその提案に対して
積極的に行動で食いついてくれるかどうかは、
ふたを開けてみないと分からない。

食いつかないこともたくさん。

"賛成してたじゃん"
ってよく詰め寄っていたんだけど···。



この真意がうまく読み取れない。



一つの考え方としては"空気を読め説"。
"いいよ、いいよ"
っていいながら、どこか他人事な
空気が漂う時がある気がする。
こういう時はだいたいダメ。

でも、このサインみたいのをうまく読み取れない···。
もしくは、もしかしたらもっとわかりやすい
サインがあるのかもしれないけど、
今のところ見つけられていません。



もう一つの考え方は"実行をもって答えとする説"。
もしかしたら空気で伝えようなんて
思っていないのかもしれない。
"実行が伴わなければNOという意味"。

こうだとしたら、コミュニケーションが
資本の村落開発普及員としては結構厳しいな〜。



会話や文化の中にヒントとなる
サインが含まれているはず、
そう思って生活·活動していきたいと思います。

名称不統一

まず、こいつを。

22032009236[1]


若干わかりにくいですが、ちょっと高くなっています。

これ、よく中南米で見かけるんですよー。
大きいのから小さいのから、高いのから低いのまで。
道の突起物とでもいいましょうか、よく見かけます。


これを通る時にスピード落とさなくてはなりません。

スピード落とさないとびよーんと飛び上がることになります。
時にはタイヤがパンクしちゃうことも(コロンビアで体験)。

黄色と黒で塗ってあったりなかったり。
黄色と黒で塗ってあるくせに、突起が無いフェイクもあります。




こいつ、日本でも大型駐車場では最近見かけません?
もう少し立派な奴で、フェイクもないけど。
でも、日本語でなんて言うかわかんないや。
知っている人いたら教えてください。




さて、日本語での名称不明のこの突起物、
スペイン語圏でも統一の言い方は無く、
場所によって様々な言い方があるようです。

メキシコでは語源不明のtope、
コロンビアでは「(横たわった)お巡りさん」policia (acostado)、
ここペルーでは「ばねを壊すもの」rompe muelle、
他にもどこかわかんないけど
「横揺れさせるbandear」が語源っぽいbandén、
「警備・警備隊」っていう意味のguardia、
「横になった・寝そべった」っていう意味のtumbado、
「ロバの背中」っていう意味の lomo de burro、
などなど、実にたくさんあるようです。

絶対まだまだ漏れがあると思います。
また、同じ国内でも違った言い方があるかもしれない。

ちなみに英語ではroad hump「道のこぶ」だそうです。



世界各国では何と呼ばれているのか興味津々です。
知っている人がいたら教えてください。

ペルーのスペイン語2

ペルー滞在も5カ月が過ぎたところで、
ペルーのスラングjerga"集第2段です。

南米にて広く使われるものからペルー特有のものまで。
よく聞かれるものからちょっとマニアックなものまで。
一気に行きますよ~。

ペルーのスラング
日本語

日本のスペイン語教室で習うであろう単語
備考

の順で、書いていきます!!


bacán
良い・素敵な・格好いい

bueno, bonitoなど


causa
友達(主に男同士)

amigo
causaって本来「原因」って意味。
ペルーのジャガイモ料理にもあります。



chamba
仕事

trabajo


chambear
働く

trabajar
chambaの動詞です。


cancha
ポップコーン

palomitas
canchaは「コート・競技場」の意


canchita
トウモロコシを炒めたスナック

無し(?)



huevo
簡単な

fácil
「卵」から派生。


huevón
間抜けな

tonto
かなり下品な言葉


pasar la voz
知らせる

avisar
直訳すると「声を通す」。
最初聞いたときは何かと思った。



frente
まっすぐ

recto, derecho
「正面」と習う単語。
道案内で、最初に聞いたときはややこしかったな~。


ni michi
何も~ない

nada



ñorsa
既婚女性に対しての「女の人」

señora
「señoraを後ろから読めば」って言ってたけど…
なんねえじゃねえか!!


chicha
田舎の(洗練されていないものに対して軽蔑を込め)

rústico
というふうに思ってたけど、もう少し意味の範囲が広い。
lengua chichaで「ケチュア語」
periódico de chichaで「大衆紙」
música chichaで「クンビア」
ちょっと誇りが入ってる気がします。


piña
不運

mala suerte
「パイナップル」から派生。


sayonara
サンダル

sandalia
この名前のサンダルが浸透したからだそうです。



chato
背の低い

bajo




timón
車のハンドル

volante
慣れとういうものは怖いものでもう
もはやこっちの方しか浮かびません。



alo
もしもし

Oíga, Dígame
ちなみにメキシコではbueno


chivolo
子供

niño, chico


seño
女の人に、主に呼びかけで

señora


jirón
通り

calle
最初は「一方通行」と理解していたんだけど、
どうもそうでないところもそう呼ばれてます。


misio
貧乏な、金のない

pobre
寄付のお願いに遭遇した時には大体これ、
Estoy misio.で逃げます。


mozo
給仕・ウエイター

camarero
そういやこれ南米特有でした。


ん~まだまだたくさんありそうですが、今日はこの辺で。





最後、おまけです。
カレテリアぼかし3日目後 012

乗り物の中から動きながら撮ったから全部入らず残念。


読みながら数秒止まっちゃいましたよ。

「空に新しい個性を」


どういうこっちゃ?


言葉と文化

「Ernesto、お前のプロジェクト、見直すからな」


昨日、こう人間開発部長に面接で言われた時はショックでした。


「俺の今までの約4カ月が無駄になっちゃうじゃーん。」






なんて思いながら、面接を進めてやっと部長の意図がつかめました。



問題だったのは「見直す」ということば。


日本語の「見直す」は恐らく3つの意味があります。
(大辞林によれば4つだけど、今現実的に使いそうなのは3つ)
①もう1度よく見る。あらためて見る。「書類を見直す」
②再検討する。「予算を見直す」
③見方を変えてこれまで気付かなかった価値を認め、
 考えを改める。「父を見直す」


部長との会話で使われた言葉は"revisar"「見直す」。

んで、②だと思ったんですよ。
日本語の②の「見直す」って、今までのをおじゃんにするまでは
いかなくても、抜本的にごっそり変えるってイメージがあったわけですよ。

だから、「えー」って。

「プロジェクトを見直す」って言われたらそう思いません?



でも、話を進めていくと、①の「見直す」でした。


「今はぼかし肥をやってて軌道に乗ってきているようだ。
カラルのことをやりたがっているというのも知っている。
どうだ、今まではErnestoが私に報告・相談する形だったが、
今一度プロジェクトを人間開発部全体で見直し、共有し、Ernestoが
やっている活動が大きくなった時、組織として動けるようにしないか。」

ってことでした。


再確認しようくらいの表現かな。
一安心。



今回はコミュニケーションの難しさを感じさせられました。

原因は「見直す」="revisar"って機械的に覚えていたから。

でも、こういう覚え方は少なくとも恐らく私たちが
中学1年で英語を習い始めた時から
「犬」="dog"っていう風にやってきたもの。
これが外国語を学ぶ上で、恐らく一番効率的な方法だからです。

そして、それでたいていうまくいきます。



でも、恐らく日本で育った人が「犬」
という言葉を聞いてパッと思い浮かべるのは
柴犬とか柴犬の血をひく犬とかが大半だと思います。
(すんません、これは偏見かもしれない)
geishuusatihime2_1[1]


対して、日本の外で育った人が"dog"と聞くと
柴犬類を思い浮かべる人は少なく、
その土地に多い犬を思い浮かべると思います。
(ペルーだったら、あの毛のないやつかな)
Perro20sin20pelo20del20Peru[1]





「犬」くらいだったら(犬に失礼かな?)
そんなに大した問題にはならないかもしれません。
具象的で物理的、見ればわかります。



でも、今回の「見直す」は恐らく
抽象的で文化的な要素が入ってるんではないかと。




以下、想像ベースですが。

「見直す」は、もともと大辞林の言うところの①しかなかったのではないかと。

でも、日本って間接的・婉曲的な表現が多いじゃないですか。
プロポーズは「あなたの味噌汁が食べたい」とかいうような。
(こんなの本当にあったのかな?)


「やり直す」っていう表現は直接的で強いから、
「見直す」っていう言葉を使って柔らかくしたんだと思います。
そして今では「計画を見直す」と言われれば②が浮かんでしまう。



部長に「見直す」と言われてすぐにマイナスなイメージとともに
②を思い浮かべた私に対して、部長は①の文字通りの「見直す」でした。

日本語の婉曲表現「見直す」に惑わされました。


「日本語」=「外国語」と機械的に覚えるのも最初はいいかもしれないけど
第2ステップとしては、その言葉の背景を知ることが重要だと感じました。

言葉を知ることは文化を知ること。
逆に、文化を知らなければ言葉を高いレベルで操れない。
改めてそう思わされました。
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。