スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田圭佑と言葉(URL付け加えました)

本田圭佑、北京オリンピックの時からそれなりに有名でしょうか。

昨シーズン、オランダ2部VVVで大活躍し、1部昇格の立役者に。
今シーズンもオランダ1部で開幕から立て続けにゴールを決め、
今季途中からCSKAモスクワへ移籍。
チャンピオンズリーグでチームをベスト8に導くゴールを決める活躍。
日本代表としても恐らく今年のワールドカップに出てくる選手。


そんな本田圭佑から学ぶべきこと…言語。

まずはこちらを。
長いのでせめて最初の1・2分でも。
通訳の人のいじられ具合が面白いです。


なんかうまく貼れないので、URLも貼っときます。
http://www.youtube.com/watch?v=RXIoFVh7i68

さあ、これを見て何を思いますか?

単語や文法はめちゃくちゃ、発音もめっちゃ日本人っぽい。

でも、、、、コミュニケーションがここまで取れる。

私はこんな日本人を見たことがありません。



これを機に、ちょっと日本の学校の英語教育に考えてみました。

日本の学校における英語教育の特徴は2つ。
ちょっと極端かもしれないけど。


・減点法
・ゴールは入試


1つ目の減点法は、
「はい、サンタンゲンのs抜けたから-5点。
はい、LとR間違えたから-5点。
はい、綴り間違えたから-5点。
はい、studentoって書いたから-5点。
はい、動詞のとこを名詞にしてるから-5点。
はい、Iが小文字になってたから-5点。
はい、New yorkって書かれてるから-5点。
はい、コンマやピリオドが抜けてるから全部で-4点。
はい、残念、61点。
通知表は“3”。」
こんなかんじですな。

日本の教育としては当たり前の採点方法。
加点法にしたら、なかなか成績で区別しにくいから。




もう一つは、学校教育の取りあえずの行先は入試であること。

中学生は高校入試の、
高校生は大学入試の英語試験を目指して
英語教育を受けることになる。

大半の入試で圧倒的に重要な分野は「読む」、次に「書く」。
ちょっと差が開いて「聴く」、ほとんど重要で無い「話す」。

恐らく大学入試の先には、研究で世界の最新英語論文が
読める基礎があるかを問いたいからこういう問題になるんだと思います。



さて、私は決して日本の英語教育を批判したいわけではありません。
目的に適った効率的な方法だと思います。




問題は、学校以外。

ふつう日本人が外国語を学んで話そうとするとき、なかなかうまく話せません。


目的は、良い成績を取るわけでも、「読む」「書く」が中心の
試験を受けるわけでもなく、「話す」ということなのに、
学校英語教育の“呪縛”が頭からなかなか離れてくれません。


減点が怖くて完璧に覚えたものじゃなくちゃ言えない。
「あれでいいのかなー、あれって複数扱い?
あーそんなこと考えるうちに会話から逃げられちゃった」
こんな感じでミスが怖くて会話ができなくなります。


また、「話す」が目的なのに、いつのまにか
籠って読み物や書き取りの勉強をし始めちゃいます。
これは中高時代の勉強の仕方の癖と、
「読む」、「書く」に大きく差をつけられている
「話す」ことへ自信喪失から来てるものと思われます。


そうやって、ますます会話が苦手になっていきます。


そこで、本田圭佑です。

彼の唯一で最大の英語の目的はコミュニケーションを取ること。



文法や単語を間違えたって、「伝える」ということが一番。
家庭教師雇ってどんどん話したり、チームメートと臆せず積極的に話したり。


学校英語教育の呪縛を微塵も感じさせません。
「伝える」という一心でここまで学んできていると思われます。


その結果、今ではインタビューであれだけ立派に意思疎通取れています。

これは、ものすごいことだと思います。





もちろん単語や文法も大切ですよ。
正確に発音しようとすることも大切。
より正確にコミュニケーションを取るためにはより正確に使いこなす必要があります。


でも、それを気にするがあまり話せなくなってしまったら本末転倒です。


彼に「伝えよう」という気持ちがあれば、必ず単語や文法も後々ついてくるでしょう。


彼のサッカーでのフィジカルやテクニック・リーダーシップ、
そしてコミュニケーション能力、今後に注目したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。