スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン語クラスと同居人との別れ

ペルーについてから、約三週間のスペイン語クラスに参加しています。

スペイン語クラスといってもマンツーマンの4時間。
内容はある程度のテーマを絞って、あとは自由に会話して、
会話練習と語彙アップを図る、極めて自由度の高い授業です
宿題も、出されるものもあるけど、それはそこまできつくなく、
他にも勝手に読んでわかりづらかったものを持ってって見てもらうといった具合。

んで、これが授業のひとコマ。
en la clase 006

結構真面目にやってそうでしょ?

いやいや、そんなことはない。
上の写真、先生が持ってるの、割り箸だし。

実はこんな場面の方が多いです。
en la clase 002

基本的に笑いが絶えない日々です。
楽しくて何より。

この先生は、ゴトウ先生といい、日系3世。

そうはいっても祖母が日本からの移民ってだけで、
生まれも育ちもペルー・リマだそうです。
「おにぎり」「うんどうかい」とかいう言葉は知ってるけど。

でも、おかげで授業の会話、日本についての深いテーマが多いです。
「日系社会は社会的では無かったがなぜか?」
「日本では自殺が多いと聞くがなぜか?」
「ペルーでも一時期自殺が多かったがそれと比べられるか?」
「祖母のこの行動は日本人のどういうメンタリティから来るのか?」
「日本とペルーにおける男性優位主義の違いは?」
等々、興味は尽きない。

このクラスともあと2日でおしまい。
楽しんでいきましょう!!



それから、一昨日には同居人ダビが米国に帰ってしまいました。

経由地マイアミで一悶着あったらしく、昨夜ようやく到着。
一昨日の夜は近くで一杯やってきました。
散策集 019 blog

彼は、英語を所構わず話しまくる、現地の人たちを馬鹿にする等といった
私の抱く米国人イメージとは正反対の人
で、話してて非常に楽しかった。
(もちろん一括りにはできないが、今まで会ってきた多くの米国人がそうであった)
わからない単語を訪ねる時以外は帰るまでほとんど一回も英語で話さず、
主にペルーに関しての会話が多かったが、内容も非常に機知に富んでいた。

母親がジャマイカ出身の移民、父親が社会学者というのに影響を受けているようです。

そんなダビも帰ってしまい、私自身も数日でここを出るのは残念。
が、同時に新しい生活でやらないこともたーくさん。
頑張って行きましょう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんか焼けてません??
しかも薄着で。
こっち寒いんですけどぉ!!

yuyi

ぶは!!
そっちは寒そうだが、すぐマンタ行くやん。
問題ないやんv-16
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。