スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤサイニンニクマシをペルーで

(ペルーで二郎を食べたくなった人たちのためにレシピ残します)


日本を発つとき
「あいや、しばらく」
と、別れてきたラーメン二郎。


しかし、ペルーでも作れるんじゃないかと思い始め
日曜日の半日をかけて作ってみました。

(続きは下から。鶏の足の写真もあるので一応注意)


ルールは「こっちで日常的に手に入るものだけを使用」ってことだけ。



まずはスープから。

・スープ
キャベツ 芯
タマネギ 一個丸ごと
細ネギ 青い部分
ニンジン 半分
生姜  ひとかけら
ニンニク 5かけくらい
豚骨 市場で砕いてもらったもの1kgくらいか
鶏の足 4つくらい
豚バラ でっかいひと固まりどーんと
ラード  市場で売ってるやつを適当に


写真は材料の一部を抜粋。

ほんとは長ネギだけど、無かったから細ネギで代用。
山岳部では長ネギたぶん手に入ります。
IMG_2485.jpg

タマネギも、探せば白いのあるけど、今回は手元にある紫の。
IMG_2487.jpg

鶏の足(グロ注意かも)
これはこちらでは容易に手に入ります。
IMG_2489.jpg

豚骨。
市場で注文すると細かく聞いてくれます。
IMG_2490.jpg

これらをひたすら煮続けます。

順番も適当。
二郎ですから。

灰汁は、目立つものだけ取り除きます。

2時間以上煮たら豚バラを上げますが、これはのちほど。


数時間煮るとこんなかんじに。
IMG_2503.jpg

わかりにくいけど。

煮れば煮るほどうまくなります。





・カエシ(スープと合わせる醤油部分)
アジノシヤウ 300ml
白ワイン  100mlくらい
砂糖   若干 


二郎で使われている醤油はカネシ醤油。
日本でさえ手に入りにくいカネシをペルーでどうするか。
今回は、ペルーで一般的な味の素社のアジノシヤウを使います。
さすが、味の素社製、どこかしら納豆についてくる醤油の匂いがします。
IMG_2493.jpg


それから、同時に問題なのが酒とかみりんとかいった類。
これらは当然こちらで一般的でないので代替品は白ワインを採用。
IMG_2496.jpg

これらをひと煮立ちさせます。


・トッピング
豚バラ  スープと一緒に煮たもの
カエシ   上で作ったもの
もやし  好きなだけ
キャベツ  好きなだけ
ニンニク   好きなだけ

2時間以上煮た豚バラをカエシに漬けます。
buta.jpg


もやしは日本よりちょっと高いし、芽が若干出てるけどドンマイ。
野菜とニンニクは好きなだけ。
野菜は好みの硬さで煮ます。




・麺
リンギーニグロッソ だかリングイネだか適量


今回一番迷ったのが麺。
ペルーには小麦もあるし、かん水はないけど代用品となるであろう
ベーキングパウダーも、打つ時に必要な片栗粉も売っています。
だから、頑張ればできないこともないと思います。

でも、今回採用したのはリンギーニグロッソ。
ペルーで一般的に3種類売られてる太さのうちの一番太い奴。
小麦から作るのが面倒だったのと、
意外とこっちでもいけるのでは?と期待を込めて。
IMG_2501.jpg

IMG_2502.jpg

沸騰したお湯に麺とラードを入れ、
くっつかないようにかき混ぜたら
あとは火を止めて13分間放置。



・器へ
味の素 適量
カエシ   大匙4はいくらい
スープ  おたま4はいくらい
麺   上でできたもの
豚   漬けこんでおいたものを切って盛付
野菜  上でできたもの
ニンニク  刻んだもの



味の素はこちらでどこでも売られています。

「ニンニク入れますか」
「ヤサイニンニクマシで」
とか独り言を言いながら盛り付けていきます。




IMG_2506.jpg

IMG_2507.jpg


いかんいかん、興奮して写真がぶれる…(笑)


いただきます
IMG_2508.jpg


美味かった
IMG_2510.jpg


反省点と感想を箇条書きで
・ペルーで二郎ができました
・これはラーメンか?と聞かれたら「いや、二郎です」と答えられる出来
・美味いけど何か違う。まあ白ワインとか使ってるし仕方ないか
・麺はそこまで違和感無かった。自分で楽しむ分なら十分及第点
・スープが乳化(白く濁ること)しなかったのはたぶん火の強さのせい
 家のコンロ、電熱線のやつなんだよねー。ガスがあるならもっと強火で
・豚は形が崩れたせいでちょっとしょっぱかった
・大量に残った二郎スープの使い道を教えてください




ということで、ペルーなら少なくとも二郎ができるようです。

他の国でも代用品探していけば、何とかなるのでは?

お試しあれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

任地で見るのはきついけどすなおキッチンの次回の掲載にも期待してるよ。

やるじゃん!美味しそうじゃん!

吹いたら拭きがいありそうじゃん!

すなお、すごいね。料理もできるのね。

いや~関心関心。今度ごちそうしてね。

Re: ヤサイニンニクマシをペルーで

や、やるなぁ。。。
すげぇじゃねぇか!
かっかっかっか(笑)
やるなぁ!!

Re: ヤサイニンニクマシをペルーで

ラーメンのスープから仕込む男の子を始めてみました。
アナタ何者デスカ???

美味しそう!非常に美味しそう!
最近の日誌、読者のメンタルヘルスに悪い。
きぃーっ!って髪の毛むしっちゃうよ。

残ったスープの使い道?
贅沢なことを言わないで毎日ラーメンをお食べなさい!

Re: ヤサイニンニクマシをペルーで

1日1麺というラーメン食べ歩きブログを
みて、帰ったらこれ食べに行こう。
あぁ~ラーメン!と考えている私に、
一縷の期待をもたせてくれた記事でした。
しかし、あなたマメですね。

Re: ヤサイニンニクマシをペルーで

思わずコメント初投稿させてもらいます。ウマソー!!
うちはガスコンロ。今度作りに来てください!

余ったスープ? あ、余った?? 当然全部飲み干すのでは(笑)

きくちゃん

どうだ、参ったか!!?

吹いたら大変だよー。
ニンニク・脂・匂い等、拭いても拭ききれないよー。

料理はやりたいものだけ適当に。

むしろ、日本帰ったら現地料理大会しよう。

ベジーコン

かっかっかっか(笑)
自分でも、1年前までやるとは思わなかった。
でもやってしまった。
エクアドルでも家二郎大会やるか?

84さん

やってみたくなっちゃいまして(笑)
意外とできるもんですね。

いやいや、84さんのブログだって。
特にサンフアン!!
まさに普通のラーメンだったじゃないですか~。

ラーメンのスープは意外と速く終わりましたe-254

sacchinさん

そうです、そんなブログやら画像やらに負けて、
「そんなんだったら自分で作ってしまえ」と。

いやいや、マメじゃないんですよー。
いわゆる「ずぼらな性格」です。
今回はずぼらでもできるタイプのラーメンです。

先日歩きながら二郎談義をしたものさん

先日の談義こそが今回作らせた原因です(笑)

是非コンロで作らせてください。

あ、麺は先日のカルドデガジーナのと同じです。
硬さは二郎向きに茹でますが。
ジロリアン的には物足りないかもしれません。

相変わらず、飲み干すのだけは避けてます。
栄養士2人がびっくりしていましたよ(笑)

Re: ヤサイニンニクマシをペルーで

え?余ったスープ?飲み干すのがジロリアンだと思ってましたが・・・。

そっか~、バランカに丼ぶりもって集合ってことですね。了解です。
帰国したら行く店リストに「ラーメン二郎」ちゃんと入ってますから。その前の訓練ですね。

Re: ヤサイニンニクマシをペルーで

残ったスープ、夜に旦那の店で売ってもいい?ラーメンいけると思うんだよね~。店、出してみない(笑)?

カメルーン三重さん

上の方と同じこと言ってる(笑)

むしろ、その方んちにコンロがありますから、
そこでみんなで二郎しましょう!!
筋金入りジロリアンの味見後に食えるということです。

CHIKAKOさん

いや~、二郎ラーメンのスープはやめといた方がいいですよ~。
日本人の中でも賛否両論。
反対派からは「豚のえさ」なんて言われています。
ペルーじゃうけないですね~。

ペルーにいる間に純粋な醤油ラーメンも作りたいと思いますので。
その時は是非試食してみてください!!
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。