スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツに何を求めるか

seleccion_peruana.jpg

080828_dep10.jpg


昨日、所属する人間開発部にて、協力隊の
短期ボランティアの需要について会議をしていた時のこと。


Ernesto「スポーツの隊員なんかどう?」

人間開発部「スポーツの専門家か、いいね」

E「具体的にはどんな種目?」

人「バレーに水泳にバスケットに…少年少女にスポーツ研修ができるね」

E「ペルーだし、サッカーもいいのでは?」

人「日本からサッカーのボランティア?(一同爆笑)」

E「…。まあいいや。具体的に何を教えるの?」

人「そりゃテクニック以外に何を教えるの。勝つためのテクニック」

まあこんな会話が繰り広げられたわけです。

私自身は今回の会話にすごく大きな違和感を覚えました。

ふと最初に出たのは、最初の爆笑に対する
「Wカップにペルーは出れないけど、日本は出るよ」
という反論でした。

「ペルー人は日本と言えばバレーや水泳ってイメージがあるからサッカーなんかだめでしょ。
サッカーはヨーロッパが一番、南米が二番、他からなんかの指導なんてありえない」

なんて話を聞きながら、
「ただのイメージじゃん。いや、でも、最大の違和感はそこじゃないな」
と思っていました。


何よりの私の違和感は「勝利至上主義」。
ボランティアが来てほしいは勝利のため。
テクニックを磨くのは勝利のため。
スポーツ心理を学ぶのは勝利のため。
指導者育成が必要なのは勝利のため。
スポーツするのは勝利のため。
とにもかくにも勝利のため。


なるほど。
あいつの元凶は「勝てば何でもいい」という考え方から来ているのか。
しつこいけど
☆秘露備忘録☆"ボールは友達"



さて、日本でのスポーツって果たして同じでしたっけ?

結論から言うと、「NO」だと、少なくとも私は思います。

たしかに勝敗を決するというスポーツの性格上、
勝利は目的の1つとなるのは当然のこと。

でも、「目的の1つ」に過ぎません。

私は個人的に、スポーツは勝利という「味」以外に
以下のことを学ぶ・得るべきものと信じてやみません。
(特に団体競技。ランダムに挙げていきます)

・ものごとを継続的に行うこと
・辛いことでも忍耐をもって行うこと
・課題発見すること
・課題解消に向け計画すること
・その計画を実行すること
・規律を守ること
・チームワークを重んじること
・コミュニケーションすること(伝えること・聴くこと)
・礼儀・作法を重んじること
・身体を動かして健康を維持すること

こんなところでしょうか。

スポーツの行く先にあるは、
これらを高めることによる人間形成・育成だと思っています。
スポーツの目的は、実はこれらを学ぶことにあるのではないかと。



だから、指導者はある程度の技術を教えられることとともに、
これらの力を引き出し、育てられる人材が適任と考えます。

(ちなみに、プロやナショナルチームは勝利の重要性が非常に大きくなりますが、
基本的には同じことを学ぶべく、勝利を目指すものと考えます)



昨日、私が人間開発部に「日本はサッカーのイメージが無い」
からと爆笑されて却下されたことに覚えた違和感、
一瞬「日本の方がサッカー強いし」っていう反論で終えそうに
なったけど、引っかかったのはそこではありませんでした。
指導者の人材を選ぶ際、判断材料はイメージが強そうか否か。
それでは上に挙げたような人間育成がなされないじゃないか…。
ここからくる違和感でした。


「『人間開発部』なんだから、テクニックや勝利同等、
いや、それ以上に、人間形成を目的にするべきではないか」
このように質問・説得するも、彼らには「スポーツ=勝負」
以外の何ものでも無く、人間形成という発想は全く無い模様。
昨日は他の議題もあったし、説明は諦めました。


本日、改めて、図説(!)までして解説。
今回は、まずは手始めにスポーツ担当の1人に。
はじめのうちは相変わらずかみ合わなかったけど
「その考え方は興味深い」
と、一応理解してくれたものとしています。

あーでも1人説得するのにこんな労力使うのかよー。
発想という点で無から有を作り出す大変さを実感。


でも、「文化の違い」と言ったらそれまでだけど、
私はスポーツを通しての人間育成の大切さを主張していきたいです。




…ま、その前にスポーツを私が教える機会があるか疑問ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: スポーツに何を求めるか

大賛成!!

Re: スポーツに何を求めるか

スポーツは“ルールがある中で工夫すること”に意味があると思うよ。

勝負に勝つかどうか、試合を楽しめるかどうか、工夫次第。

協力隊活動も似たようなもんだね。本人次第。なんちゃって~

isao

isaoなら、いや、isaoだけでなく、
日本でスポーツやってた人は大賛成してくれると思ってた!!

きくちゃん

> スポーツは“ルールがある中で工夫すること”に意味があると思うよ。


そやねん、
・課題解消に向け計画すること
・その計画を実行すること
・規律を守ること
このあたりがそれに当てはまるよね。

まさに協力隊も、その通りだと思います。

なんちって。
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。