スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーはお好き?

昨日、レストランで150円定食を食べていたら、
テレビでメキシコ対イングランドのサッカー親善試合が
今まさに始まろうとしていました。

試合前の国歌を聞きました。
(試合前の映像ではありませんが)



「メキシコ人たちよ、戦いの叫びをあげよ!!」
って勇ましい出だしを聞いた時、
なんとも言い難い懐かしさに襲われました。

何というか、故郷を想う感覚に似ていたと思います。

それだけ、メキシコへの思い入れみたいのを強く持っているのでしょう。




ところで、今住んでいるペルーへの思い入れは?




ペルーに住んでいると「ペルーは好きか?」とよく聞かれます。


大抵、「好き」か、「旅行するにはという限定で最高」と答えるんだけど、
考えてみると、メキシコを好きと言うほどこの国を好きなのか、
ちょっと、いや、大いに疑問に思ってしまいます。



今、どっかの国でたまたまペルー国歌を聞いたときに
冒頭のメキシコ国歌ほどの郷愁に近い感覚に陥るか、甚だ疑問です。









でも、これってある意味仕方ないことですよね。


メキシコとペルー、滞在の形態が全く違います。

メキシコでの時間は、好き勝手勉強して、やりたいことやって、
旅行もいっぱいして、メキシコ人と話すのもお馬鹿なことに徹せました。
「メキシコ」と聞けばお花畑のような思い出が思い浮かぶわけです。

対してペルーでは、協力隊として配属され、
「仕事を進めたい」
という中で、うまくペルー人と進められなかったり、
言語もさることながら、それ以上に
文化的なコミュニケーションのギャップに悩まされたり。
「ペルー」と聞けば、苦い思いも混じってきます。



でも、どっちの方がその国により向き合っているかと言えば、後者です。

メキシコでの思い出は、実はいいとこどりなだけだったのかもしれません。
もしメキシコで協力隊活動をしていたら、もしかしたら
ペルーと同じような思いを抱いていたかもしれません。


改めて今、私は貴重な経験をしていると思います。
普通の留学や旅行では味わえない経験。
苦い思いもするけど、この立場で無ければ絶対味わえませんでした。




この国を思うとき、苦いイメージも同時に浮かびます。

でも10ヶ月後、それまでも含めてこの国を「愛おしい」と思えるならば
それはきっと、冒頭に挙げたメキシコへの郷愁を遥かに凌ぐものとなるでしょう。

そう思えるか否かは、任期を終えてからのお楽しみ。
今は「向き合う」ということを大きな意味で楽しめたらと思います。














でもやっぱりメキシコいいなー…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今ね、あんなにも辛くて、あんなにも楽しい2年間は
今まで生きてきた中でなかったし、これからもないかも・・・とまで思うよ。

Ernestoにはいつも色々聞いてもらってきたように
嫌なこと、辛いことなんて笑っちゃうくらいいっぱいあったけど、
その中で前向いて頑張ってれば、必ず最後には「特別な国」になる気がする。
苦味が効いてるくらいがちょーどいいでしょ☆

帰ってきたら、クスケーニャ飲みながら、Somos libre~♪って熱唱しよーぜ。
本気でぶつかれーーー!!!

振り回されたい年頃

すんなり付き合える子より思い通りにいかない子のほうが頑張っちゃうよね。

どっちのほうが好きなのかって、きっと後者のほうが好きなんだろうな。

No title

メヒコ負けちゃったね。
今日はオランダにも負けちゃったけど。

俺も旅行だったらメヒコ最高だと思うよ。
それ以上はなかなか難しい

あと10カ月でそういう風に思えるようになるのかな

No title

うーん、分かるぜエルネスト。言いたいこと非常によくわかる!
そいでもって、なんだかんだ言っても最後にぼそっと、やっぱりメキシコいいな。。って思ってしまうところ、それもすごくわかる!(笑)

初コメントさせて頂きます

今晩は。凄く、良く分かります。
何かに深く関わるというのは、負の面にも深く関わるということですよね。

私も正直、コスタリカ及びコスタリカ人、あまり好きではないです。
住んだことない人に「凄くいい国なんでしょ~?」なんて言われると、そうでもないと正直に否定します。
でも、下に見るような発言されると、「何も知らないくせに!」と、気に障るし、反論したくなります。
なんか、愛憎相半ばするみたいな感情なんですよね。

しかし、まだ任期半ばなのにこうしたことを自覚しているErnestoさん、
物事をとても冷静に客観的に見られる人なんですね。凄いです。

私にとってペルーはまだ「お花畑」です。これから住んで行くうちにどうなることか。
もうすぐ上陸しますので、よろしくお願いします。活動頑張って下さい。

No title

あ~、分かるね。
うちも留学してたイギリス最高に好きだもん、いまだに。
まだ戻りたいしね。だけどやっぱり学生でお気楽生活だったから、
だから楽しかったんだよねぇ~。勉強以外になんも責任無かったしね。
まぁ、ここにいるのと違うわなぁ~…。

Mariさん

私はクスケーニャからクリスタルに乗り換えました。
裏切り者です、はい。

苦味…ちょっと最初の一年が苦すぎたので、
余計、今こうやって思って
しまっているのかもしれませんね。
でも、今ではそんな苦味さえも
楽しめるようになってきました。
その苦味が癖になればこっちのもんですね。
ビールやコーヒーみたいなもんだ。

帰ったら歌いましょう!!
Ricas montana, hermosas tierras~♪

きく

振り回されちゃいなさいよ。

なかなかおもしろいこと言うな、きく。
でも振り回され続けると破綻しちゃうぜ。

何事も程度とバランスが重要だよな。

Nakashiさん

一昨日どっかに勝ったじゃないですか。
完勝。
イングランド戦はクラウチのハンドだったし、勝ちゲームでした。
ていうか、圧倒していた。

メヒコ、やっぱ最高ですよ、旅行では。
いや、それと、ワークキャンプでも最高だったな~。
でも、これは実質ヨーロッパ人との活動でしたから…。

やっぱり、現地の人たちと向き合うのってまたとない経験ですよね。

ベジーコン

ベジーコンならいの最後の一言まで含めて
一番に分かってくれると思っていたぜ!!

でも、お前はメキシコいけるからいーじゃーん!!

とよみさん

コメントありがとうございます!!

やはりそうですか。
私もコスタリカ、すごくいいところだと思いますが、
協力隊で訪れると全然違った印象を受けるものですね。
憎さも含めて愛おしいという、
なんか往年の夫婦みたいなものでしょうか。

あ、あと、一緒に生きる人によっても
印象は全然変わると思います。
なので、とよみさんはいい印象を協力隊よりも
持ち続けるのではないでしょうか。

こちらこそ、よろしくお願いします。

どうでもよい情報ですが、ペルーでpura vida
というヨーグルトが販売されています。
機会がありましたら、どの辺がpura vidaなのか、
お試しくださいませ。

Megmilkさん

そうなんですよ。
立場変われば印象も変わるといったところでしょうか。

でも、いい機会ですよね。
留学でも旅行でも無い滞在って。

そんな時間を大切にしていきましょう!!

No title

ふっふっふ♪

実はあたしもクリスタル派だもーん☆

Mariさん

お、じゃあクリスタル三昧でいきましょう!!

でも、最初の一杯だけはクスケーニャでも良いかもな。

ピルセン?カジャオで美味しい水が取れますか!?
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。