スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマの交通

trafico-lima1.jpg



2004年、はじめてメキシコシティに降り立った時、
「ひでー交通事情だこれは」
と思ったものです。

信号無視は当たり前。
歩行者を気にせず突っ込んでくる。
ウインカーを出さずに車線変更したり曲がったり。
バスの中はぎゅーぎゅー詰め。
排気ガスがこもり、雨降ると雨の色が…。


そんなことは数週間で慣れましたが、
2006年、今度はペルーへ卒業旅行へ行った時、
「メキシコシティよりひでーなこれは」
と思った記憶があります。

上で述べたうちの信号無視とバス以外はメキシコシティの1割増。
渋滞は2割増かな。
運転マナーも2割増。


上で述べた以外で、
実は一番問題だと個人的に思うのが
「タクシーの値段交渉」。

リマではタクシーに乗る際、行先を運転手に言った上で
値段交渉をし、交渉が成立したらやっと乗れます。

大抵の相場があるんだけど、問題があります。

まず、「渋滞が…」「時間帯が…」「日曜だから…」と、
運転手はごねながら、高めの料金をふっかけてきます。

それから、相手が外国人と見ると
あり得ない高さの料金をふっかけられます。


大まかな相場はあるものの、もし相場を知らなければ、
ふっかけられた料金で乗らされる可能性が高い。

これは、土地に明るくない旅行者や
住んで間もない人には非常に迷惑な話です。


ちょっとはリマに慣れてきた私も、
交渉でふっかけられるといい気持ちはしません。




翻って、メキシコシティはどうだったかというと、メーター制。
結構安めなので、ちょっとチップをはずみます。
こっちの方が、値段設定の点でまだ安全のように思います。


リマにもタクシーメーター設置の話はよく出るそうですが、
結局いつも、運転手組合かなんかにつぶされるそうです。




いろいろ改善点があるリマの交通事情。
タクシーメーターも、いつかは導入しなければならない問題だと
思いますが、果たしていつになることでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。