スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼかし肥

バランカ住民にぼかし肥の作り方教室を
開催すべくプレゼン資料を作ってみました。

1つはオープンオフィス、もう1つはビデオです。

そのビデオはこちら。

※毎度、youtubeでも「南米でのひとコマ」という名前にて載せています。
ニコニコ動画に登録されていない方はそちらからご覧ください。

日本語の方の字幕、適当につけています。
フォント、ちょっとバラバラですが、これはスペイン語版では直しています。
el dia siguienteではなくal dia siguienteの間違いもあります。


こちらで住民たちに話を聞いていて驚いたことは
化学肥料の値段が非常に高いということです。
1袋2,000円から3,500円。
肥料を作るためには窒素・カリ・リンが必要だから
それぞれ1袋ずつのセットで購入すると8,000円くらい。
例えばこっちのトウモロコシがキロあたり100円以下で
取引されているところを見ると、高過ぎる買い物です。
加えて近年値段は高騰し続けているときた。


そんな話を聞いているうちに、肥料って安く作れるよな
と思い、いろいろな肥料を比べてみました。
ミミズや生ごみからの肥料も非常に魅力的だったけど
出来あがるまでの時間を考えて、
まずはぼかしをやることに決めました。

日本のホームページからの情報からだと、
こちらに無い材料が多すぎました。
米糠とか、EM菌とか、森林に落ちてる菌糸とかいろいろ。
それでもその情報をベースにしましたが。
でも、どこにでもいるはずの微生物の問題だから、
絶対できると信じていました。

んで、海外のページをのぞいたり、日本とペルーの
農業に携わっている人に話を伺ったりしました。

結果、この地域で非常に安く、非常に簡単に手に入り
ぼかしを作れる材料を出来るだけ見つけ出してきました。
私の試算では、化学肥料に比べて値段は20分の1。
ぼかしが作物や土に良いということは短時間で
示してあげることは難しいけど、少なくとも
安いということは、わかってもらえるはずです。

もう少し整えたら、各村にまわって紹介する予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。