スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由時間

ペルーに派遣されて4か月が過ぎようとしています。
協力隊派遣の6分の1が経過。
あっという間です。

活動に関しては、今のペースでよしとします。
4ヶ月間を振り返って後悔とか焦りとかは無いです。
むしろ、「あれもできる」「これもできる」っていう
いろんな期待に夢は膨らんでいます。



でも、最近意識が低いと感じるものがあります。

それは語学。

今の状態は、多少分かんない単語を
相手が発しても、文脈から想像できてしまう。
また、とある単語を知らなくても、他の表現とか
説明とかでコミュニケーションは成り立ってしまいます。

だから、今は新たな単語を学ぼうと
いう意識が低くなってると思われます。


これはまずい。


語学は一生勉強です。


よりスムーズに活動をするために、
一つでも多く単語や表現を
覚えるに越したことは無いのです。

ということで、改めてスペイン語に力を入れます。

自由な時間使って、ペルーの語学学校で
ほとんど使わなかった教科書読んでみたいと思います。
語学教材 007


せっかく持ってきたからまずはこっち終わらそうかな。
語学教材 005

新聞記事とかは今まで気が向いたらだったけど、
もう少し頻度を増やしていこうとも思います。


分かんない単語出てきたり、気になる単語あれば、
西和辞典よりも同義語・反意語辞典使って語彙を増やすことにします。
語学教材 006


決して2年間の活動の主になってはいけない語学学習は、
同時に語学無しには活動の質も落ちてしまうものでもあります。

気合を入れ直したいと思います。




ところで、バランカにはとなりの県であるアンカシュ
から移り住んできた人たちが多く住んでいます。

彼らの多くは山脈地帯の出身で、
スペイン語と同じようにケチュア語も話します。

ケチュア語はペルーでは一般的に田舎の言葉とされて
公の場ではほとんど使われません。
でも、彼らにとってはアイデンティティの象徴みたいなもの。
誇りもどこかしら見え隠れします。

私が活動中、ケチュアの単語をぽろっと言うと彼らは大うけ。
「chino(前回の記事参照)がケチュアしゃべったよ」と
一気に彼らとの心理的な距離が縮まります。
やはり言葉って大きいです。

少し知ると深みに入ってしまうのがErnesto。
語学教材
語学教材 004
ケチュアの参考書と辞書です。

「極めよう」とかは決して思わないけど、
少しでも多く学んで、少しでも多く覚え、
少しでも彼らの中に入っていきたいと思います。



帰国後を考えたら英語も勉強しないとと思うけど、
まずはスペイン語とケチュア語に集中したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うおー、わかるぜエルネスト!!
まさに同じ気持ち!
語学のこと、ホントそう思うよ。
文脈からの理解、分からない単語を説明してもらっての理解、
勉強しなきゃとは思っててもついついそのまま。。。。
ほんとにわかるぜその気持ち!
俺も勉強しなきゃぁ。。。

べじーこん

やっぱりわかってくれるか、べじーこん!!
一番わかってくれる人だと思ってたv-218

でもあなた、派遣前に
「2年後スペイン語力今と変わってないと思う」
的な発言してたじゃない??
ってことは、かなり先見性があるってことじゃない?
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。