スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活必需品

もはや欠かせなくなっている生活必需品。

IMG_2540.jpg

speedo社ですよー。
パチモンかもしれないけど。


もともとプール用に買ったものですが、
今じゃ日常生活で欠かせないものになっています。


装着します。
IMG_2532.jpg


ベタだけど使い道は、ネギ。

でも、細ネギです。
IMG_2534.jpg


こんなかんじで
IMG_2539.jpg


切れました。
IMG_2538.jpg




さてはて、細ネギ切ると涙が出てくるのって、日本でも同じですか?
こっちみたくぼろぼろ涙が出るイメージが無いのですが。


それから、タマネギもこっちの方が涙がよく出る気がする。
もうあまりに涙がすごいので、マンガみたくゴーグル装着。
以後、涙は出ていません。



この、ネギを切る際出る涙の原因はアリルプロピオンなる成分だそうです。
ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクなどに含まれると。
んで、ネギ類を切ると、こいつが気化して目や鼻などを刺激するらしいです。

冷やしたり温めたりすることで、
こいつの気化は多少は防げますが、
その分旨味が落ちるとのことです。


目が痛ければ痛いほど、素材に期待できるということでしょうか。


いずれにせよ、ゴーグル作戦を続けたいと思います。

初心忘るべからず

自分の顔をこんなに発信してもいいものかと思いますが、ま、いいか。
別に悪いことしてるわけでもないし。



ということで、前回のブログで自分の顔を改めて見て、
髭かなり伸びたな~って思ったわけです。
IMG_2337.jpg




実際こんなに髭伸ばしたこと過去無かったかもしれません。

ペルー人には「南米の太平洋戦争」時に
ペルー軍を率い殉職した国民的英雄フランシスコ・ボロネッシだとか
Francisco_bolognesi_2.jpg

同じく「南米の太平洋戦争」で殉職した
「海の騎士」ことミゲル・グラウとかに似てるとか言われます。
grau.jpg

いや、ただ単に、髭が伸びただけですけどね。


っていうか、よく見るとグラウなんてあご髭ないじゃねーか!!


細かいことはいいや。


とにかく、飯食ってても髭にいろんなものがくっつくくっつく。
飲み物さえもくっついて、油断してたらべとべとです。


ということで、
IMG_2340.jpg


剃りました。



なんかこれだけじゃ物足りなかったので、
grandeIMG_2342.jpg


刈りました。


「10歳若返った」
by職場の同僚




大学時代とか、ソフトボール部に属してて、
大会毎に気合入れるために髪を刈っていたけど、
その時を思い出して、ちょっと気合が入りました。



ビフォー                         アフター
IMG_2337pequeno.jpg         IMG_2342pequeno.jpg

体重変動

私の高校入学時(15歳)の身長は約172cm、体重は53kgでした。

以下、12年後の今である27歳までの変動。
(ちなみに身長は3cmしか伸びていません)

16歳 58kg(+5kg)  筋トレ効果
17歳 63kg(+5kg)  筋トレ効果
18歳 64kg(+1kg)  浪人効果
19歳 65kg(+1kg)  筋トレと大食い効果
20歳 65kg(+-0)  有酸素運動量増加で維持
21歳 66kg(+1kg)  筋トレとメキシコ料理効果
22歳 67kg(+1kg)  筋トレとメキシコ料理効果
23歳 67kg(+-0)  部活復帰効果で維持
24歳 68kg(+1kg)  部活引退効果
25歳 71kg(+3kg)  運動不足や社会人効果
26歳 71kg(+-0)  社会人効果は無くなるもペルー料理効果で維持
27歳 66kg(-5kg)  胃潰瘍効果


この最後の66kgってのも、食後すぐだったし、
服着たままだったから、実際は65kg~66kgの間だと思います。


いずれにせよ、細かいことはいいんです。


余計な脂肪が減ったことに対してはうれしいですが、
痩せ方がどうしてもいいものではない。


ダイエットの大鉄則はカロリーコントロール。

正しく食べて、正しくカロリー消費することで
健康的に体重を抑えることができると思っています。


でも、今回はほとんど飯が喉を通さず、
運動等カロリー消費もまったくと言っていいほど
しなかった結果、ここまで落ちました。

これは、まったくもって健康的ではありません。


今後は、しっかり食べて、しっかり運動して、
しっかり筋肉もある程度つけて、それで
68kgあたりをキープしたいと思います。

数カ月の間に

この数カ月の間にブログの書き方を忘れてしまったようです。

書かないかんな~ってことで、意識して書いていきたいと思います。




この数カ月の間、結構悩んだことが多かったんだけど、
その度に、いろんな人に支えられて励まされてきました。


彼らへの感謝は、感謝しても感謝しきれないのですが、
もう2人ほど、他に励ましてくれた人たちがいます。


1つ目は、いっけんくだらないもの。

しばらく前にやってた「笑う犬~」シリーズでのコントからデビューしたもの。



海外でも大人気(?)な、日本発はっぱ隊。

海外での人気はその格好の奇抜さによるものからかもしれませんが…、
日本では少なくとも、その歌詞での魅力もあるのではないかと思います。


お水飲んだらうめー、やったー
日に当たったらあったけー、やったー
腹から笑ったらおもしれー、やったー


歌詞の一部抜粋ですが、
こんな当たり前なことができることに喜びを感じること、
そんな忘れていた大切なことを再認識させてくれました。

ストレスためたり、悩んだりすることは時に必要なことかもしれません。

でも、ストレスや悩みは
「こうでありたいのにそうなってくれない」
という、「欲に対して満たされない感情」からくるのではないかと。

そこで、この歌。
日常にはもっと「やったー」なことが溢れていることを教えてくれます。




活動でも「こうでありたいのにそうならない」ことに悩み、ストレスを抱え、
潰瘍まで患っちゃったけど、これからはもっと一つ一つ、
いっけん当たり前で小さなことにも幸せをかみしめながら、
残り1年、いや、人生をも歩んでいきたいと思います。



ありがとう、はっぱ隊!!





それから2つ目。


私は埼玉県大宮市生まれ。
サッカーは大宮アルディージャを2002年くらいから応援しています。


その大宮アルディージャ、J1n昇格してから6シーズン目、
徐々に有望新人も、入ってくるようになりました。


有望新人が入り始めたのは3年くらい前。


その有望新人として入り、3年目のシーズンを迎えた
DF(SB)塚本泰史選手が先月、骨肉腫が見つかったと発表しました。

塚本 泰史 | 2010年トップチーム選手名鑑 | 大宮アルディージャ公式サイト_1268618089665


入団時にレギュラー番号の2番を与えられ、
去年、20試合以上出場し、まさに今年、
飛躍の年になろうかというときの発表でした。






その発表から現在までの流れはここに書かれています。
http://soccer.phew.homeip.net/topics/info.php?id=116




このニュースが入ってきたのは日本一時帰国中。


1サポーターとして、彼のやるせない気持ちを思うと心苦しかったし、
手術の成功や辛い闘病生活に対して、私からは
何もできないけど、せめて想いだけでも届けと思っていました。


でも、実は、彼の姿に励まされていたのは自分の方でした。

大好きなサッカーを少なくともプロレベルで諦めざるを得なくて、
それでもなお前向きに生きる塚本選手。

対して、私は好きなことをやらせてもらって何をグチグチ悩んでいるんだ、と。
やりたいことを已む無く出来なくなってしまう人もいるのに、と。


やりたいことができる喜びを感じながら、残りの1年、
いや、人生を過ごしていきたいと思います。


ありがとう、そして、ピッチに戻ってこいよ、塚本!!





ということで、当たり前な些細なことに感謝、
今、ここで仕事ができる感謝をしながら生きていきたいと思います!!

PC復活!とともに、思ったこと

とりあえず、パソコンは無事バランカの家に戻りました。

負の連鎖がずーっと続いたけど、
その連鎖の一番はじめがPCの故障。

あの時のショックと言ったらもう…。


たとえば、活動が一気に不透明になった。
活動を、ほとんどPCを前提にしていたので、
なくしたときのショックは本当にでかかったです。


ほかも、いろんな人とコンタクトが取りにくくなった。
いや、こっちにはネットカフェもあるし、電話もあるし、
最低限の連絡を取るのに苦労はまったくしないんですよ。
でも、「最近どうよ?」っていう会話が全くなくなった。
これは、意外と結構でかかったです。


大いに悟らされたのは、
「人間、今ある生活レベルから下がる場合、余程の覚悟が必要」
ってこと。

銀行員→協力隊員って時も、かなり変わったけど、
覚悟があった分だけ全然違ったと思います。

今回は、全然覚悟などあるわけもなく、絶望感だけ残った。
それで、「なんでこうなっちゃったんだろう」って引きずっていた。

あの時、
「ここは途上国。いきなり今より生活レベルが落ちる出来事もあるはず」
みたいなかんじで、覚悟ができていたら、全然違うリアクションを取れて、
その後の過ごし方も変わっていたように思います。

ということで、覚悟を持って過ごしていきたいと思います。
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。