スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー料理集

ペルーグルメツアーです。



毎度、ニコニコ動画への登録が必要です。

無くてもyoutubeにて「南米でのひとコマ」と
お調べくだされば出てきます。

アヒノメン

ソニー・パナソニックなどの電化製品、
トヨタやホンダ・ミツビシなどの自動車、
フマキラーなどの日常生活品…と、
ペルー社会では日本のものもたくさん目にします。

では食品の中でというと、
もっともペルー社会に入り込んだのは、
「あしたのもと 味の素」
だと思われます。
そう、グルタミン酸ナトリウムの化学調味料AJINOMOTOです。

小さな商店にも置いてあるし、
首都ののスーパーマーケットには味の素用の
大きなコーナーまでも用意されています。


そんな味の素、化学調味料の白い粉末以外でも商品を出しています。

その名も「AJINOMEN」

漢字にすると「味の麺」

こっちの読み方では「アヒノメン」

味の素が出しているラーメンです。
味の麺 001


なかなか美味しいのでかなり重宝しています。
素ラーメンから卵を落としたり野菜入れてみたりいろいろ。
炊飯器でも簡単にできるのでお世話さまさまです。

でも、種類によって味はかなり違います。

Camaron味。
味の麺 003

海老味は、だいたいマルチャンや日清の海外版でも
そうであるように、及第点を充分与えられます。
日本で海老ラーメンなんて食べたこと無いけど。


Pollo味。
味の麺 006

鶏味は、鶏ガラスープといったところでしょうか。
醤油をたらせば醤油ラーメンっぽくなります。


Gallina味。
味の麺 007

これは、なんて訳すんだろう?
辞書的には雌鶏って訳せるけど、こっちの人は
大きめの鶏という意味で使っているのかな。
Pollo味よりも脂がのってる気がします。


Pollo con verdura味。
味の麺 004

野菜入り鶏味は、味が野菜分複雑になった分、
醤油をたらせば日本のラーメンっぽくなる…
と自分に言い聞かせているだけかもしれません。
海老味とともによく食べるものです。


Gallina picante味。
味の麺 005

辛雌鶏味。
ロコトっていうこっちのめちゃめちゃ辛い唐辛子が
入っているっていうから相当の覚悟を持って食べたけど、
ほとんどといっていいほど辛くありませんでした。
辛ラーメンみたいなのを期待したけど、残念です。


Carne味。
味の麺 010

辞書的には「肉味」でしょうが、ペルーでは「牛味」です。
これがなかなか自分の中でも評価の分かれるもの。
そのまま食べると「うーん」ですが、
醤油をたらせば「牛筋味ラーメン」に早変わりです。
醤油の有難さを再確認。



Gallina criolla味。
味の麺 008

ペルー風雌鶏味。
これは、「ラーメン」としてみたら大失敗。
「スープ」としてみればまだいけるのかな?
でも私は「ラーメン」を求めたい。
ペルー的な味が満載です。
他に選択肢があったらまず選ばないでしょう。


Oriental味。
味の麺 009

東洋風の味。
これが食べるのに一番勇気の要するものでした。
何しろ「東洋風」以外味を想像するヒントがない。
勇気を振り絞って食べてみると、「東洋風」でした。
ペルーの中華料理さんでスープを頼むと
生姜スープがたいてい出てくると思います。
ペルーでは「東洋のスープ=生姜スープ」なんだろうな、と。
醤油をたらして食べるとかなりいけます。


日本の会社が出していることもあってか、
日本人からすると大きなはずれありません。


これからもお世話になっていくことでしょう。

チャーハン

中華料理はもはや、ペルー料理の一部になっています。

あっちにもこっちにも中華ばっか。

でも、いちいち量が多いのです。

今日はその中華に挑んできました。

「南米でのひとコマ3」


同じ題名でyoutubeにも載せています。

※ニコニコは登録していないと観れません。
登録は無料でです。
登録が面倒な方は、youtubeでどうぞ。
「南米でのひとコマ」を検索していただくと出てきます。

バランカの有名レストラン

バランカの有名レストラン"TATO"へ行ってきました。

地元では超有名で、バランカの人なら誰でも知っています。

「南米でのひとコマ2」(全部この題名でいきます)



youtubeでも同題名で載せています。

あー美味かった。

最近の外の飯

前回が自炊の飯だったので、今度は外の飯。

毎回外食の時は、その量に乾杯であり完敗です。

まずは、ミラノ風カツレツことミラネサ:milanesa。
レティシアとパカイ 014

とにもかくにもでかい
これ、写真じゃわかりにくいけど、結構な大皿です。
下にはご飯と野菜があるけど、
この肉のでかさの印象が大き過ぎて、
野菜などあってないようなもの。
どんな野菜が入っていたか覚えていません。

メキシコにも同じ名前の食べ物はあるけど、
こんなでかいものは記憶にありません。

約330円也。


続いてペルー風焼きそばこと、タジャリンサルタード:tallarin saltado。
ビルヘンデメルセデス 010

トマトやタマネギなどが炒められているのが特徴です。
味は、日本の焼きそばをどこか連想させるような、させないような…。

タジャリンサルタードから麺を除いて、揚げたジャガイモを一緒に炒め、
白いご飯と一緒に食べるのがロモサルタードlomo saltado。
トマトを白飯と食べることに抵抗が無ければ、とてもおいしいものです。
写真は撮るのを忘れました。

約270円也。


それから、昼に出てくる「本日の定食」メヌーmenu。
メキシコでいうところのコミーダコリーダcomida corridaです。
汁ものと、大皿と飲み物が出てきます。

この日は貝の汁ものと、鶏・豆・白米の大皿、そして味の付いた飲み物。
レティシアとパカイ 016
レティシアとパカイ 017

この「本日の定食」は、日によって食べたい物が
出てきたり出てこなかったりです。
ときには鶏の足の汁ものや上に挙げたロモサルタードなども。
値段がとても安いので、結構行っています。

合計約90円也。


職場である市役所の近くの軽食屋さんが
料理を作って小さな箱に入れて、市役所まで
毎日売りに来るので、それを食べる時もあります。

この日は、右が鶏と野菜を煮たもの(名前は忘れた)と白米。
左がパパアラワンカイーナpapa a la huancainaと言い、
ジャガイモに伝統的な味であるとろみのある汁をかけたものです。
シーチキン炊き込みご飯・レティシア・怪我 002

とても安いが、何より量が少ない。
外で食べる時は毎回その量と格闘している私としては、
戦いがいの無いこの量には正直がっかりさせられます。
あ、もう1個頼めばいいのか。

でも、市役所の人たちもそんなにこれは食べておらず、
食べるとしたら、おやつ程度にしか食べていないのも事実です。

約75円也。



残り22カ月のバランカ。
全て食いつくすぞ、おー
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。