スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断水祭

ここんとこ、バランカはずーっと断水です。
いや、バランカ全体なのか、わがアパートだけなのか…。

朝、蛇口をひねると出ない。

昼、蛇口をひねると出ない。

夜、蛇口をひねると出ない。

全然出ないなーと思ってると、
意表をついたようにどばーっと出る。

どばーっと出なくても、
ちょろちょろ出るときもあります。

シャワー・皿洗いはできるときに
できる限りやらないとと痛感しています。
トイレ用くらいはペットボトルにストックです。

夏ですなー。



バランカに限らず、リマやリマ付近は
インフラが整っていないところが多く思えます。

道路も狭い、もしくは舗装されていません。
電気は時たま停電を起こします。
ゴミ収集されるかどうかも地域差があります。
タクシーには未だにメーターが付いていません。
そして、水は断水続きです。


でも、聞くところによると、昔に比べると
だいぶ良くなってきているようです。


それでも、水だけはかなり深刻な問題なようです。

というのも、リマをはじめ、
海岸部はほとんど雨が降りません。

地下水・アンデスの方からの川を頼るわけですが、
人口増加との供給量のバランスが、今は何とかなっていますが、
崩れるのも時間の問題といわれています。



断水はきついですが、短い夏の象徴みたいなものでしょうか。

断水を含め、夏を楽しみましょう!!

2011年1月、帰国まで3カ月を切る

年も明けて2011年1月になりました。

なんだかんだ忙しくて、ブログの更新をさぼってました。

さぼってたら、いつの間にか
任期終了まで3カ月を切っていました。

3月23日に日本に帰国予定です。
フライトは近日決定。
帰ったら、4日ほど帰国オリエンテーションを
受けて、あとはちょっとゆっくりします。
ゆっくり桜でもみたいです。
軽く旅にでも出たいですし。




数えてみたら、帰国まで約11週間。
帰国前の準備やらオリエンテーションやら
残してきた任国外旅行やら
いろいろやると、残り活動は8週間弱です。


今までやってきたぼかし肥については
ひとまず終止符を打ちました。
というのも、中学生(日本の高校生に相応)に
今まで教えてきましたが、
12月で学校が夏休みに突入。

今は、人間開発部と相談しながら
残り期間で何ができるか相談中です。
驚きのことができそうです。
でも、それはまだ実現するまで
試行錯誤が続きそうですが。



そうそう、ラテンアメリカらしく、1月の新年とともに
市役所の中も人ががらりと入れ替わりました。

バランカ市長は前の選挙で再選を果たしたので
新年度開始とともにそんなに市役所に勤める人たちの
メンバーは変わらないものと思っていましたが、
他の地方・地域の市長が変わったことを受け、
そこの市役所に引き抜かれて行く人がちらほら。

それだけでなく、新年度を区切りと見たのか、
10%以上の人たちが市役所を辞めたようです。


日本の正月とは違い、新年は3日から始動している市役所ですが、
いるべきポストに人がいない、いるべき人数が足りていない等、
完全にエンジンがかかるまでにはもう少し時間がかかりそうです。


合唱

先にも書いた日本文化週間、祭以外にもいろんな催し物がありました。

日本文化の展示やら日本文化として認知されているコスプレ大会やら。


で、われわれ協力隊も、舞台での参加をしてきました。
正確には協力隊が企画し、有志の
日本人がたくさん参加といったところ。



何をしたかというと、合唱です。


ただこの合唱、任地がみんなバラバラ。
合同練習もままならないし、
個人練習も活動の合間だったので、
個人によってできはばらつきがありました。

本番2週間前にして、仕上がらないのではないか、
何らかの妥協をしなければ無理なのではないか、
という状態でした。


でも、ここは元教師や歌を知っている人が
中心になってなんとか仕上げられました。

私自身は風邪もひいたため、思うように積極的に
参加できませんでしたが、急ピッチで追い込んで、形にしました。


結果は、ものすごくよかった!!


客席の人たちがどういう思いで聞いたかは総意ではわかりかねますが、
数人からは「素晴らしかった」「よかった」という声を頂きました。



ペルーの協力隊は派遣が再開されてまだ3年。
実質0からの再スタートです。

こういう日系人協会の行事ごとに協力隊として
参加できたことは非常に意義深いものだったと思います。

こういうことを重ねていくことで、
今まで個々で活動して横のつながりがほとんどないでいた
ペルー隊が、自ら「ペルーの協力隊の一員」として自覚し、
また、周りからもそう認識されていくのではないでしょうか。

今後も何らかの形で、こういった機会に
協力隊が参加できることを願います。

DSCN3312.jpg

祭をペルーにて

日本からペルーへの移住が始まって110年。
何度かに分けて、たくさんの移民が太平洋をわたりました。

マには日系ペルー人協会という大きな組織があります。


毎年11月に日系ペルー人協会が「日本文化週間」を開催します。



1週間かけて、いろんな日本文化が紹介されます。

最終日には「matsuri」、祭が開かれたので見に行ってきました。



圧巻のお神輿。
IMG_2957.jpg

IMG_2960.jpg


各県人会や日系の小中学校が神輿を担ぎます。


婦人会の盆踊り。
IMG_2963.jpg

去年は東京音頭。
今年は…、名前はなんだったかな。
客席からの飛び入り参加もあり。
みんな楽しそうでした。

日本では8月のお盆ですが、ここではmatsuriに合わせて。
でも、偶然にもこちらの死者の日に近いので、オッケーでしょう。


エイサー。
IMG_2971.jpg

IMG_2972.jpg

日系一世の出身県は、沖縄がダントツです。
かなり準備が重ねられたことがわかるエイサーがトリでした。



日本で夏祭なんて、もう何年も行っていないんだろう。
ペルーで、かなりの規模の祭に参加することができます。


日本から遠く離れたこのペルーでも、日系人の方々が
中心になって、故郷の文化を継承してくれています。

風邪

やっとこさ、バランカにも太陽が出てきたと思ったら、風邪ですよ。


扁桃腺が腫れて、熱も39度まで上がりました。
相変わらずの虚弱体質です。


薬も飲み、今はだいぶよくなりました。
扁桃腺の腫れが引くまでもう少しの辛抱です。


熱が上がってうなされるときには
必ずと言っていいほどなんかの
セリフか歌のフレーズがひたすら頭の中をリピートします。




今回は、これ。



ずーっと頭の中で
「Pa pa l' americano」
がぐるぐる繰り返されていました。



日本では聞かれているのでしょうか?
プロフィール

Ernesto

Author:Ernesto
――――――――――――

「世界の子供たちに笑顔を」

これが私のライフワーク。

メール:
purosunao#yahoo.co.jp
#を@に変えてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
5月3日からのカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。